電気暖房の素朴な疑問。お答えします!

冬の寒い時期になると¥1,000くらいの低価格で店頭に並ぶ電気ストーブ。

電源ケーブルをコンセントにさすだけで、灯油の給油などの手間もなく空気も汚れず簡単に使える電気暖房ですが、種類が沢山あってどれを選んでいいのか悩んでしまいます。

「この電気ストーブは何畳くらいの部屋で使えるの?」という問い合わせなど

今回は、そのような素朴な疑問や電気暖房の種類と特徴について書いていきたいと思います。

電気代に関して

本題に入る前に、電気暖房の一番気になる電気代に関しては、目安として1kWh単価27円(地域や契約の内容や時間帯によって異なります)で計算してみて下さい。

1時間の電気代の計算は消費電力(kWh)×1kWhの電気料金(目安の27円)

例えば800Wのハロゲンヒーターを1日8時間、30日間使用した場合。

0.8kW×27円×8時間×30日=5184円になります。

電気暖房の種類と特徴

ハロゲンヒーター

ハロゲンランプを用いて、その放射熱を利用した暖房器具。

消費電力の目安

400W(約10.8円/時)~800W(約21.6円/時)

良い点

・とにかく安価
・すぐに暖かくなる
・スチーム付きのものもある
・小型で持ち運び易い
・転倒OFFスイッチ搭載

注意する点

・すぐそばにいないと暖かくない。
・ずっとそばにいると熱い

こんな使い方がオススメ

トイレで足元を暖めたり、主にスポット的つ使い方がオススメ

カーボンヒーター

カーボン(炭素繊維)を用いて、その放射熱を利用した暖房器具

消費電力の目安

450W(約12.2円/時)~800W(約21.6円/時)

良い点

・ハロゲンより遠赤外線効果が高い
・縦長の高さがある為、足元以外も暖まる
・首振り機能搭載
・転倒OFFスイッチ搭載
・一定温度を保つサーモスタット付きなので安心
・温度ヒューズ制御で温度の上がり過ぎた時自動停止で安全

注意する点

・そばにいないと暖かくない
・ずっとそばにいると熱い

こんな使い方がオススメ

脱衣所や炊事中など、ハロゲンと同じで主にスポット的つ使い方がオススメ

グラファイトヒーター

グラファイト(黒鉛)を用いて、その放射熱を利用した暖房器具

消費電力の目安

250W(約6.75円/時)~1000W(約27円/時)

良い点

・カーボンより遠赤外線効果が高い
・縦長の高さがある機種が多い
首振りする機種もある
タイマー付き
・250Wから使えてお財布にも優しい

注意する点

・そばにいないと暖かくない
・ずっとそばにいると熱い

こんな使い方がオススメ

脱衣所や炊事中など、ハロゲンと同じで主にスポット的つ使い方がオススメ。

シーズヒーター

金属製の菅の中に遠赤外線効果の高いニクロム線を入れ、それを発熱体として用いた暖房器具。

消費電力の目安

330W(約8.91円/時)~1150W(約31.05円/時)

良い点

遠赤外線効果が非常に高い
・首振り機能
・タイマー付き
・エコモード等搭載
・電気暖房ダントツの暖かさ
・2メートルくらい離れていても暖かい

注意する点

・高価
・暖まるまで少し時間が掛かる
・電熱管が赤くならないにで電源のオンオフが分かりづらい

こんな使い方がオススメ

遠赤外線効果が非常に高い為、6畳くらいの部屋の広さであれば首振りさせることで部屋全体が暖かいように感じる。

電気カーペット

カーペット素材のなかに電熱線を通してあり、それに通電させ熱を発生させる暖房器具。

消費電力の目安

250W(約6.75円/時)~500W(約18円/時)

良い点

・消費電力が低い
・タイマー付き
・ダニ対策機能
・自動電源オフ

注意する点

・汚れやすい
・電磁波の影響を受ける
・低温火傷の危険性がある

こんな使い方がオススメ

床暖の代わりに使用したり、他の暖房器具と併用して使うと効果大。

電気毛布

毛布素材のなかに電熱線を通してあり、それに通電させ熱を発生させる暖房器具。

消費電力の目安

250W(約0.6円/時)~1000W(約0.9円/時)

良い点

・消費電力が低い
・コスパが良い
・ダニ対策
・丸洗いできる

注意する点

・汚れやすい
・電磁波の影響を受ける
・低温火傷の危険性がある
・脱水症状の危険性がある

こんな使い方がオススメ

低温火傷対策や電磁波を長時間あびない為にもコンセントタイマーと一緒に使用が望ましい。

電気こたつ

テーブル、机の内側にハロゲンやカーボンヒーターユニットを付けることによって足元を暖める暖房器具。

消費電力の目安

80W(約2.2円/時)~160W(約4.3円/時)

良い点

・消費電力が低い
・弱でも十分暖かい
・寝れる
・飲食ができる

注意する点

・重い
・電磁波の影響を受ける
・低温火傷の危険性がある
・脱水症状の危険性がある
・一度こたつに入ると出れなくなる

こんな使い方がオススメ

脱水症状対策で水分補給の為に、常にみかんを置いておきましょう。

セラミックヒーター

アルミフィンに電圧をかけた状態で風を通すことでセラミックが発熱し温風を放出する暖房器具。

消費電力の目安

メーカー公表なし~1200W(約33.8円/時)

良い点

・温風で優しく暖める
・人感センサー付き
・加湿機能付き
・ナノイーで空気もきれい

注意する点

・ファンの回る音がする
・空気が乾燥する
・石油ファンヒーターと違って部屋全体を暖める能力はない

こんな使い方がオススメ

脱衣所に向いていません。何故ならお風呂上がりの濡れた体に温風とはいっても風をあてると更に寒いです。

デスク下の足元に置いたり、人感センサーを活用するならトイレでの使用が望ましいです。

パネルヒーター

パネル状のヒーターを使用した暖房器具。

オイルヒーターに比べると暖まる速さは早いが、冷める速さも早い。

部屋全体を暖める能力は持っていない。

以下は、パネルヒーター全般の内容になります。

消費電力の目安

400W~1200W

良い点

・静か
・省スペース

注意する点

・効率が良くない

こんな使い方がオススメ

窓際に置くことにより、隙間から入ってくる冷気を遮断できたり、本体が薄いのでテーブル下に置て足元を暖めるのに使用するのがオススメ

オイルヒーター

デロンギが有名

フィンの内部にオイルが入っており、ヒーターでオイルを暖めて、それを循環させる。

パネルヒーターに比べると暖まる速さは遅いが、冷める速さも遅い。

気密性の高い部屋であれば部屋全体を暖める能力は持っている。

消費電力の目安

メーカー公表なし~1500W(約45円/時)
適応畳数10~13畳

良い点

・真上に洗濯物を干せば、洗濯物も早く乾く
・表面温度60℃で火傷の心配が少ない
・静か
24時間タイマー付き。
部屋を暖めることができる。

注意する点

・重い
・高価

こんな使い方がオススメ

24時間タイマー付きなので使用したい1時間前くらいから電源を入れ、その後はお好みの時間で電源を切るように設定し使用するのが基本。

最後に

電気暖房は基本的にはスポット的、補助的な位置付けになります。

安全が高い、火を使わないといっても、使い方を間違えると発火するものが殆どです。

近くに物を置かない。タコ足配線で使用しないなど誤った使い方はしないように注意しましょう。

それでは、快適な冬あったかライフを!

最新情報をチェックしよう!