ロードバイクに楽しく乗る為に必要な装備

ロードバイクを楽しむ為には、装備もちゃんとした物を用意しないと怪我や事故に繋がったりと大変危険です。

そこで今回はロードバイク初心者の方にロードバイクに乗る為に必要な装備を紹介していきたいと思います。

ロードバイク、絶対必要な装備

ペダル


ロードバイクを購入して最初に選ぶと思います。

足とペダルが独立する普通のペダルと足とペダルが一体化するビンディングペダルがあります。

ロードバイクに慣れていないうちは普通のペダルをオススメします。

理由は、見た目がガチっぽくてカッコイイからといって最初からビンディングペダルにしてしまうと、立ち転けの心配や、車道を走るので緊急時にペダルが足から離れず大事故に繋がる恐れもあります。

普通のペダルだと2,000円くらいでありますが、ビンディングペダルとなるとペダルとシューズで25,000円くらい出費が増えてしまうのも頭に入れておきましょう。

ヘルメット


ネットで3,000円くらいからありますが、時速50㎞とか平気ででます。

万が一落車した時の事を考えると恐ろしいですよね?

まだ自転車に関してはヘルメットの着用が法律で定められている訳ではないですが、考えて見て下さい。

原付は法定速度30㎞でヘルメットの着用を義務付けられていますよね?

大事な頭を守る為のものです。

10,000万円以上のちゃんとしたヘルメットの購入をオススメします。

私の場合はロードバイクの色に合ったデザインのものでGIRO(ジロ)のヘルメットを購入しました。

レーサーパンツ


レーサーパンツも必須です。

これがないと最初のうちは直ぐにお尻が痛くなると思います。

私の場合はサイクルジャージの上下セットをネットで購入しました。

サイクルジャージ

サイクルジャージに関しては見た目だけの問題です。

サイクルジャージじゃなくてもTシャツでも全然大丈夫だと思います。

でも、見た目って重要ですよね?

モチベーションも上がりますし、なので私の場合はロードバイクに合わせたTREKの上下セットを購入しました。

ベル


ベルに関しては道路交通法で義務付けられているので付けましょう。

小さめのデザインのものがロードバイクには合うと思います。

ベルを装着せずに走行すると5万円以下の罰金刑を科せられます。

フロントライト


フロントライトも装着は義務付けされてはいないが、夜間走行中のライト点灯は義務付けされており、点灯せずに夜間走行をすると5万円以下の罰金刑に科せられます。

明るさの基準として100ルーメンくらいだと暗すぎて付けていないのとあまり変わらないので少々値段が高くても300ルーメン以上のものがオススメです。

私の場合は、節約して車をいじる時に使っているライトをそのままロードバイクに付けてます。

テールライト


テールライトも道路交通法上は装着義務はありませんが、夜間走行の際は自分の身を守る為にも点滅、又は点灯して走行するようにしましょう。

サングラス


サングラスに関しては、風や虫やゴミなどから目を守る為に必要です。

私の場合は夜間走行が多いので色付きよりクリアタイプの方が使い勝手がいいです。

ネットで3,000円程度のもので十分だと思います。

サイクルグローブ


サイクルグローブも長距離を走行する際にとても重要です。

手のひらのクッションがしっかりしたものを選びましょう。

空気入れ

ロードバイクは仏式のバルブになりますので、普通の自転車の英式バルブとは異なります。

仏式専用の空気圧が測れる空気入れを購入しましょう。

スタンド


ロードバイクには普通の自転車みたいに自転車本体にスタンドが付いていません(付けることは可能)

自立ができなので室内保管する時や、メンテナンスする時など、何かとこのスタンドが役に立ちます。

自分に合ったサドル


サドル選びはロードバイク乗りには永遠のテーマですが、暫く乗ってみてどうしてもお尻が痛くなるとか股間が痛くなる場合、サドルが合っていない可能性が考えられます。

ショップに行くとサンプルのサドルを置いてある店舗もありますので自分に合ったサドルを探してみましょう。

私の場合、過去のスペシャライズドHPで自分に合ったサドルを探せるフィッティング専用ページがあったのでその時に見つけたものを3年間使用しています。

正解がひとつじゃなので、妻が使用しているselle SMPのサドルも試しに使用してみましたが乗り心地は最高です。

ロードバイク、持ってたら安心装備

チェーンロック


ロードバイクは高額な為、ちょっとコンビニに寄った間に盗難さらた、公園のトイレに行っている間に盗難されたなど良く聞く話です。

先日、私の知り合いも鍵をかけずにロードバイクから1、2分離れている間に盗難にあってます。

私の場合、トイレは男なんで物陰で、水分が足りなくなったら自販でと、あまりロードバイクから離れないように心がけていますがどうしてもという場合のみチェーンロックをして離れます。

ワイヤーロックだけだと直ぐに切られてしまう可能性があるので、できればチェーンロックがオススメです。

ボトルケージ


夏場は水分補給が欠かせないので、用意してきたものがなくなっても自販で買い足せるペットボトル対応のものがオススメです。

サドルバッグ


リュックでもいいのですがロングライドだと肩がこるので荷物を入れる為にサドルバックがオススメ。

サドルバッグの中身

タイヤレバー

パンクした際のチューブ交換用

マルチツール

色々調整したりする為用

ニップル回し

タイヤの振れが気になった時そのばで修正できる。

携帯空気入れ

チューブ交換した際の空気入れ

予備チューブ

パンクした時の予備チューブ

ワイヤーロック

チェーンロックだけで心配な時用

ロードバイク、冬装備


冬場は見た目より防風性と保温性重視です。

シューズカバーがないと爪先が冷たくなって痛くて辛いです。

私の場合、夏装備の上に重ね着しています。

パールイズミなど、ちゃんとしたメーカーのものが欲しいのですが、私は冬装備にそこまでお金を掛ける価値がないので、ホームセンターなどで安く買えるものでいいかなと。

見た目を気にされる方はちゃんとしたメーカーのものがオススメです。

あと、ネックウォーマーとイヤーカフがあれば万全です。

ロードバイク、慣れたら欲しい装備

ビンディングペダル


慣れてきたらビンディングデビューしましょう。

メジャーなのはSPD-SL と SPDペダルがありSPD-SLの方が固定力は強いが歩く時クリートカバーをしないとクリート(ペダルとシューズを固定するプラスティック製の部品)が直ぐ痛む。

SPDはMTB用でそこそこの固定力もあり、クリート部分が窪んでいて歩行の妨げにもならず、金属なので頑丈です。

私の場合SPDペダル用のシューズが見た目が普通のスニーカーにしか見えなかったのでSPD-SLを選択しました。

SPD-SLペダルでもポタリング程度なら普通のスニーカーで乗れなくはないです。

ピンディングシューズ


ビンディングペダルにしたらビンディングシューズが必要です。


クリートは消耗品です。

両足セットで1,500円くらいです。

毎日乗りたい方だと左右ローテーションさせて二ヶ月くらいで交換時期だと思います。

サイクルコンピューター

競技に出場を考えている方は必須だと思いますが、私はいまだにスマフォです。

最後に

ロードバイクは何かとお金は掛かりますが楽しいスポーツです。

私も過去にスポーツカーを自分なりにカスタマイズして乗っていましたが、その時に比べると健康的で車よりは経済的です。

ただ、何でもかんでも盗難と隣り合わせなので盗難対策は心がけて下さい。

ヘルメットもハンドルに掛けるだけとか、ライトやサイコンもあまり高価な物だと簡単に取り外して盗まれます。

一番痛いのはホイールですね。

知っている人だと前後2輪外すのに10秒掛からないと思います。

アースロック+フレームとホイールは一緒にロックしましょう。

それでは、楽しいロードバイクライフを!

最新情報をチェックしよう!

ロードバイクの最新記事8件