今テレビを買い替えるのなら絶対に4Kテレビ

私の幼少期に家にあったテレビは木製のタンスんような形をしており、音量やチャンネルの切り替えもダイヤル式になっており、幼い私がチャンネルを切り替えようとしてダイヤルを回しても画面が砂嵐になり、見たいチャンネルが中々探せなかった記憶があります。

今では大型の液晶テレビが一般的で、4Kテレビという言葉もよく聞くようになりました。

そこで今回は4Kテレビについて書いていきます。

4Kとは

簡単に言うと解像度です。K=キロ(1000)を表しています。

4Kという言葉がでてきてから、2Kという言葉も一緒に生まれましたが
2K = 横1920(約2000) × 縦1080 の207万画素に対して
4K = 横3840(約4000) × 縦2160 の829万画素になります。

2Kとか4Kとか、勿論8Kもテレビの横幅の解像度で表すようになりました。

因みに、2Kは4Kがでてくるまではフルハイビジョンと言われておりました。

4K放送

新4K8K衛星放送
2018年の12月から放送が始まっており、BS/CSの衛星放送の電波を使用します。

BS右旋で4K放送を行なっている事業者。
日本放送協会
(株)ビーエス朝日
(株)BSテレビ東京
(株)BS-TBS
(株)BS日本
(株)ビーエスフジ

BS左旋で4K放送を行う事業者
SCサテライト放送(株)
(株)QVCサテライト
(株)東北新社メディアサービス
(株)WOWOW (令和2年12月~)

BS左旋で8K放送を行なっている事業者。
日本放送協会

110度CS左旋で4K放送を行なっている事業者。
(株)スカパー・エンターテイメント(8チャンネル)

124/128度CS放送
スカパー!プレミアムサービス

ケーブルテレビ
ケーブル4K、ひかりTV4K

ネット動画配信サービス
Amazonプライムビデオ、Netflix等

ネット動画配信サービス以外は、4Kの放送を受信するために専用のアンテナや、各サービスに対応したチューナーが必要になります。

既存の地上デジタル放送や、BS/CS放送がそのまま4K又は8Kの解像度で楽しめると思われがちですが、残念ながらそうではないです。

まったく別のチャンネルになり、新しいサービスとして解釈して下さい。

4Kを見る為の環境が整いましたら、いよいよテレビです。

4Kテレビ

4Kテレビにも、2019年12月現在、4K対応テレビと言われているものと、4Kチューナー内臓テレビがあります。

4K対応テレビ

4Kの解像度を表示、視聴することができます。
ネット動画配信サービス等からの4K映像であれば、各サービスの契約だけで視聴可能。

新4K8K衛星放送の受信をするには、新4K8K衛星放送に対応したチューナーが別途必要になります。

ケーブルテレビや、ひかりTVなどの場合、各サービスに対応するチューナーが別で用意されている為、テレビに新4K8K衛星放送に対応したチューナーが内蔵されていてもテレビ側のチューナーは使用しないので、ケーブルテレビやひかりTVのサービスを利用されている方はこちらでいいと思います。

4Kテレビ

新4K8K衛星放送を受信するチューナーが内蔵されております。
上記に記載した、ケーブルテレビやひかりTVのサービスを利用されていない場合は、基本的にこちら側がオススメです。

4K放送サービス開始から1年経過しましたが、正直チャンネル数も増えていませんし、面白いチャンネルもあまり放送されてません。

だからと言って4Kが主流になってから買い替えればいいと考えていると1年後にはテレビを買い替えしなくてはいけなくなるかもしれません。

総務省のHPにも

4K放送の政策として、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に4K8K放送が普及し、多くの視聴者が4K8K番組を楽しんでいることを目標としている。

というような記載もあります。

これは、オリンピックの放送の為の4K8K放送という意味ではなく、オリンピックまでに4K8Kを一般化させようとの目標だと思います。

今現在、日本国内メーカーの主力商品に関しては全てチューナー内蔵に切り替わっております。

逆を言えば、4K対応テレビは4Kチューナー内蔵のテレビより機能的にも劣っている物が多いです。

そう考えると、4K対応テレビを購入して、後からチューナーを購入しても機能は4Kテレビと一緒にはなりませんし、使い勝手も悪いです。

チューナーの電源を入れ、テレビ側を外部入力に切り替えて、チューナー側のリモコンでチャンネル操作・・・

面倒ですよね?

テレビの買い替えサイクルは平均9.5年とも言われておりますし、テレビは長い期間使用するものなので、今買い換えるなら絶対に4K8Kテレビがオススメです。

画面サイズ

2Kのテレビだと 画面の高さ × 3 倍が適正な視聴とされてましたが、4Kの放送の場合 画面の高さ × 1.5 倍で良いとされております。

部屋の大きさ、設置スペースなどあると思いますが、49型〜55型のモデルが機能的に見ても、価格的に見ても人気のあるモデルが多いです。

パネルの種類

液晶と有機ELがあり、有機ELの方がコントラストが高く鮮明な映像が楽しめます。

特に黒色の表現に関してはバックライトの駆動方式を上下左右にバックライトを配置したエッジ型を採用している液晶では表現できない色を表現できます。

ただし、有機ELが高価すぎて予算オーバーの方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなパネルはバックライトの駆動方式を有機ELに近い状態にした直下型を採用しているテレビがオススメです。

倍速再生機能

スポーツ等、動きのある映像を表示するのに左右される機能です。

例えば、1秒間に60コマ表示できるテレビと、1秒間に120コマ表示できるテレビで比較すると、後者の方が動きがなめらかで残像を押さえることができる為、映像がぼやけて見辛いということが少なくなります。

4Kの解像度を活かすのであれば倍速再生機能が付いたテレビがオススメです。

HDR機能

デジカメやスマフォのカメラにも付いているHDR機能は白とびや、黒つぶれを抑えて鮮やかな色彩表現そする機能です。

人の肉眼で見たものに近い色を表現できるので立体感があり、臨場感なども伝わりやすくなります。

メーカーの特徴

Panasonic

VIERA(ビエラ)
ヘキサクロマドライブを搭載したモデルはリアルな色彩表現が可能。

ULTRA HD PREMIUMを搭載したモデルはHDRより再現できる色の数が増えているので更にキレイ!

ドルビーアトモス対応モデルは対応コンテンツのみにはなりますが、例えばスポーツカーが画面左側から右側にかけて走り抜ける映像の場合、エキゾースト音(車の排気音)もしっかりと映像とリンクし、画面左側から右側にかけて流れるように出力されるので臨場感が最高です。

SONY

BRAVIA(ブラビア)
有機ELパネルに関しては、ピクセルコントラストブースター搭載により、画面の一部だけ明るくなるようなシーンでも忠実な色表現が可能

エクステンデッド ダイナミックレンジ プロ搭載モデルに関しては映像の暗い部分と明るい部分の明るさのメリハリをつけて、リアルな黒の表現とつややかな輝きのある画像を楽しめる。

エクスモーション クラリティー搭載機種は独自のバックライト制御により動きに強い

SHARP

AQUOS(アクオス)
まだ需要がないが、8Kテレビのラインナップがあります。

N-Blackパネル搭載で映り込みを抑えて見やすさと、自然な黒を表現できるのが特徴。

液晶のフラグシップモデルには音抜けの良い前面にスピーカーを搭載。

TOSHIBA

REGZA(レグザ)
有機ELのXシリーズ、液晶ならフラグシップモデルのZシリーズがオススメ!

別売りの専用外付けHDDを接続することで地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できるタイムシフトマシン機能で、見逃してしまった過去の番組もすぐに楽しめます

MITSUBISHI

REAL(リアル)
テレビメーカー唯一、レコーダーとテレビの一体型モデルをラインナップしています。

テレビの脚の部分もリモコンで左右に可動させることが可能。

スピーカーも前面に付いており音の抜けが良いのも特徴。

配線無しの一体型なので、使い勝手は最高に良いのだが、テレビ又はレコーダーの機能が故障した場合、どちらか片方だけ買い替えることができない為、注意が必要です。

最後に

各メーカー、名称は違っても同じような機能を搭載してきてますので、映像の見え方、音の聞こえ方などの感覚的なものに関しては人それぞれだと思います。

テレビ買い替えの参考にして頂ければ幸いです。

それでは良い4K放送ライフを!

最新情報をチェックしよう!