石油ファンヒーターと石油ストーブの特徴の違い

冬の寒い季節になると暖房器具が活躍します。

暖房器具といっても部屋そのものを暖める器具とスポット的に温める器具とあります。

今回は、部屋を暖める石油ファンヒーターと石油ストーブについて書いていきます。

ファンヒーターとストーブの共通点

・部屋を全体を暖める能力が高い
・灯油を燃焼させて部屋の空気を暖める。
・灯油を燃焼させるので定期的に部屋の空気の入れ替えが必要
・灯油の購入や、補給の手間がある。
・灯油独特のにおい
・賃貸や火災保険の内容によっては使用に制限が掛かる場合がある。

ファンヒーターとストーブの違い

石油ファンヒーター

石油ファンヒーターは電気を使ってファンを回し温風を部屋に循環させる事が可能なので部屋が早く暖まります。

良い点

速暖性に優れている。
温度調整が容易。
・オンオフタイマー機能がある。
・人感センサー付きで省エネ運転が可能なモデルもある。
・石油ストーブより安全性が高い。

注意する点

・電気を使用するので停電時に使用ができない
・ファンの回るがする。

石油ストーブ

石油ストーブはファンが付いていない為、電気は使わない分、対流と輻射熱の両方で徐々に部屋を暖めていく。

良い点

停電時でも使用ができる。点火する為に(電池などが必要)
・天板に水を入れたヤカンを置いておけば加湿もできる。
・天板に金網を置けばおもち等、焼き物が楽しめる。
・電気を使わないので屋外使用も可能。
・レトロでおしゃれな見た目のものもありインテリアとしてもおすすめ。

注意する点

・天板など、触ると火傷をする箇所があるので安全性に欠ける。
・小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要。

ファンヒーターとストーブの選び方

家電量販店やホームセンターに買いに行っても種類が豊富すぎて値段だけで決めてしまってませんか?

何を基準にして選べば良いのか紹介していきます。

使用する部屋の畳数に応じたサイズを選ぶ

部屋全体を暖める暖房器具には必ず製品型番の中に暖房出力を表す表記があります。

例えば〇〇-2519とか〇〇-5318とか

〇〇にはアルファベットで、各メーカーやシリーズの文言が入ります。

数字の4桁あるうちの右側の2桁が年式を表して、左側の2桁が暖房出力を表しています。

上の2519という表記であれば、2.5kWの2019年モデルを表し、5318であれば、5.3kWの2018年モデルを表しています。

下記は、部屋の広さや地域、構造に応じての暖房出力の目安になります。

 

温暖地寒冷地
部屋の広さ木造コンクリート木造コンクリート
6畳2.4kW1.7kW2.4kW1.5kW
8畳3.2kW2.3kW3.1kW2.0kW
10畳4.0kW2.9kW3.9kW2.5kW
12畳4.8kW3.5kW4.7kW3.0kW
14畳5.6kW4.0kW5.5kW3.4kW
16畳6.4kW4.6kW6.3kW3.9kW
  • ※1「温暖地」とは室内外温度差が15℃の地域(東京、大阪なと)を指し、「寒冷地」とは、室内外温度差が30℃以上の地域(札幌など)を指します。
  • ※2温暖地の「木造」とは、木造戸建住宅、「コンクリート」とは、コンクリート集合住宅を指します。
    いずれも1重窓で断熱材なしの建物です。断熱材が施している場合は、上記の能力を1.2で割った能力のもので足ります。
  • ※3寒冷地の「木造」とは、2重窓、断熱材(グラスウール)75mmの木造戸建住宅、「コンクリート」とは、2重窓、断熱材(ポリスチレンフォーム)30mmのコンクリート集合住宅を指します。これ以上の高断熱住宅では、木造で1.2、コンクリートは1.5で割った能力のもので足ります。
    (一社)日本ガス石油機器工業会の自主基準によります。

出典元:一般社団法人日本ガス石油機器工業会 ストーブ・ファンヒーターと暖房のめやす

 

少し大きめを選ぶのがオススメです。

なぜなら、小さめの暖房機器を選ぶと、部屋を暖めるのに必死になり灯油だけ減って暖まらない状況になる場合があります。

タンク容量

タンクは容量が多い方が給油する回数を減らせる良い点はありますが、重量が重くなるという注意する点もあります。

階段の上り下りが必要な2階の部屋で使ったり、力に自信がない方が使用する場合、タンクの容量が多いと逆に危険です。 主に使用される方の目線で選びましょう。

ファンヒーターのおすすめメーカー

ダイニチ、コロナ、トヨトミ、グリーンウッド、アラジンなどが有名です。

人気のある2社から各社の特徴を簡単に比較。

ダイニチコロナ
見た目〇(インテリア性重視モデルあり)
点火の速さ〇(35秒~)△(75秒)
電気代
燃焼力
燃費
タンク容量〇(~9ℓ)△(~7.2ℓ)
臭い

 

最後に

余談ですが、最近ファンヒーターの故障の原因で多いのが ファンヒーターがある部屋で、ヘアスプレーを使用したり ヘアトリートメント後にドライヤーで乾かしたりすると空気中にシリコンが飛散して ファンヒーターのフレームロッドに付着して故障の原因になりますので注意しましょう。

災害時や、停電時のことを考えて石油ストーブも一家に一台は常備しておきたいですね。

エアコンと併用して使用する際は、 エアコンは電源を入れてから設定温度まで達するまでの電気代が高いので 最初に石油ストーブ又は石油ファンヒーターを運転して部屋が暖まってから エアコンの運転に切り替えてあげると効率的に使えます。

まだまだ寒い季節が続きますが暖房器具選びの参考にして頂ければ幸いです。 それでは寒い冬でも快適暖房ライフを!

最新情報をチェックしよう!