加湿器でインフルエンザ予防できるって本当?

冬になると肌がカサついて痒くなったり、喉がイガイガしたりしますよね?

空気の乾燥が原因だと言うことはご存知かと思いますが、冬に邪風やインフルエンザが流行するのも空気の乾燥が原因だと言うこともご存知でしょうか?

今回の記事では、なぜ、冬になると空気が乾燥するのか?

乾燥対策はどうすればいいのか?について書いていきます。

冬に乾燥する理由

冬になるとシベリア大陸からマイナス50度にもなる低温の季節風が日本海に吹きます。

シベリア大陸からの季節風は日本海上で水蒸気を蓄え、冷たく湿った空気になり日本海側では多くの雪を降らせます。

雪が降ることで水分が抜けた空気は乾燥し、その空気が山を越えて太平洋側に来ます。

そのような現象が起こることで冬場になると日本海側は雨や雪が多くなり、太平洋側は湿度が抜けた空気で乾燥しやすくなります

そうは言っても現代だとエアコンなど温風を発生させる暖房機器の発達により、日本海側でも夏場よりかは冬場の方が空気が乾燥して生活し難くはなります。

飽和水蒸気量といい、夏場のように気温が高い時期は、空気中に水分を含む力が増加し逆に冬場のように気温が低くなる時期は、空気中に水分を含む力が減少する特性がある為、そこに更に追い討ちを掛けるかのようにエアコンを使用して室温を上げてしまうと相対湿度を下げてしまいます。

乾燥していると感じるのも、上記のような理由とエアコンの風が直接体に当たり肌の水分を奪っている事が原因です。

因みに、冬場に洗濯物が乾きにくい原因も、空気中に水分を含む力が減少している為、衣類から湿気が逃げにくいからです。

そこで、冬場の乾燥対策には加湿器がオススメです。

加湿器をすすめる理由

風やインフルエンザの予防

インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み高温多湿に弱いウイルスです。

1961年に研究者のG・J・ハーパー氏が温度20度以上、湿度50~60%で室内環境では感染力が弱くなることを発見しました。

室温が20度以上の環境で、加湿により空気中によく水分を含ませることがインフルエンザウイルスに有効的な予防対策と言えます。

肌の保湿

私も若い頃は、冬場の肌の乾燥と言うと、唇の乾燥程度でそこまで困った経験はないのですが、年齢が上がるにつれて、背中や腕、あらゆる場所が乾燥でカサカサになり痒みで悩まされています。

乾燥は、肌の老化を促進させ肌荒れの原因にもなります。

目の保湿

現代社会ではスマートフォン、パソコンと長時間にらめっこをされている方も少なくないとは思いますが、画面などをずっと注視することで、目が乾きやすくなっています。

目の乾燥を放っておくと視力低下や、眼病につながるので注意が必要です。

加湿器で部屋を加湿させることで、目に潤いを与えて乾燥予防ができます。

静電気の発生を防ぐ

冬の乾燥する時期に起こりやすいのが静電気ですが、ドアノブや金属に触れるたびにバチっ!と痛いですよね?

加湿器を使うことで静電気を防ぐことができます。

静電気は低温・乾燥状態で発生しやすい特徴があり、加湿器で湿度を上げることによって静電気が発生しにくい状態を作れるからです。

加湿器の種類

スチーム式

スチーム式はヒーターによる加熱でお湯を沸かします。

簡単に言うとヤカンに水を入れ沸騰させ、その水蒸気を利用して加湿します。

良い点

・安価な物が多い。
・温かい蒸気を乾燥したお部屋へパワフルに保湿することができます。
・加湿器の中でも一番加湿能力を持っている。

注意する点

・お湯が沸くまで時間が少々かかってしまう。
・消費電力が他のタイプに比べやや高い。
・吹き出し口が高温になるので、小さなお子様には注意が必要。

超音波式

超音波式は、水を超音波によって振動させ微細な粒子にし、噴出することで加湿を行います。

イメージとしては霧吹きが近いです。

良い点

・安価な物が多い。
・スチーム式より消費電力を抑えることができる。
・すぐに蒸気を出し加湿を始めてくれる
・デザイン性が優れている物が多い。
・アロマオイル対応の物が多い。

注意する点

・こまめなお手入れが必要となる。
・手入れを怠ると汚れた水蒸気を部屋に撒き散らしてしまう。
・水の成分のミネラルで家具などに白い粉がつくことがある。

気化式

気化式は水を含んだフィルターにに空気を当てることでお部屋を加湿します。

良い点

・消費電力が安い。
・安全性に優れている

注意する点

・加湿に時間が掛かる。
・加湿能力が乏しい。
・フィルターの手入れが必要。
・吹き出し口から冷たい風が出る。
・ファンの音がする。

ハイブリッド式

ハイブリッド式は2種類あり、加熱気化式と加熱超音波式があります。加熱気化式は水を含んだフィルターにヒーター温めた温風をあて加湿し、加熱超音波式はタンクのお水をヒーターで温めてから超音波で振動させ気化させます。

良い点

・加熱気化式は気化式より加湿が早い。
・加熱気化式はスチーム式より消費電力が少ない。
・気化式と超音波式より衛生的に使える。
・冷たい風が出ない。

注意する点

・加熱気化式はフィルターの手入れが必要。
・加熱気化式はファンの音がする。
・加熱超音波式は水の成分のミネラルで家具に白い粉がつくことがある。

最後に

簡単に順位を付けてみました。

スチーム式超音波式気化式ハイブリッド式
省エネ性
加湿能力
お手入れ簡単
静音性
衛生的
総合得点
(◎2点、〇1.5点、△1点、✖0点)
5.5 7

※全ての商品を比較した物ではございません。

各方式の基本的な考え方で順位付けしております。

それでは、あなたに合った加湿器を見つけて快適ライフを!

最新情報をチェックしよう!