生活情報

激安なのに虎杢目なReetsのウクレレRT-23D

コロナ禍の中、ステイホームで趣味としてウクレレを始める人が増えている。

ここで器用貧乏な私の悪い病気が再発しました(笑)

私は、元々ギターを弾くのでウクレレを練習する時間があったらギターを弾いていればいいのに天才ウクレレ少年「Feng E(フェン・イー)」君のパーカッシブな演奏を見てくぎ付けになりました。

そんなFeng E君が最近アップされた動画がこちら

ウクレレと言えば、高木ブーさんのイメージしかなかったのでFeng E君の演奏をみて「俺もそれ弾きたい!」となってしまいました。

そんなこんなで話が逸れましたが今回は私が最初に選んだウクレレ ReetsのRT-23Dについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

激安ウクレレ、Reets RT-23Dとは

Reets RT-23Dとはイシバシ楽器さんのオリジナルブランドなんでしょうか?

ネットで色々調べてもイシバシ楽器でしか販売されていないようです。

Reets RT-23Dの外観

出典:イシバシ楽器WEBSHOPより画像引用

Reets RT-23Dの商品説明文

アンティークかつお洒落なコンサート・ウクレレ!
フィギャド杢が印象的なコンサートウクレレ。オール合板。
Topの装飾もお洒落ですね♪
14フレットジョイント、トータルフレット数17。
エントリーモデルとして最適な1本です。
オール艶消し(サテン)仕上げ。
Made in China

☆渋くてしっかりしたギグバッグが付属!
☆便利なアクセサリー(クリップチューナー、カポ、首掛けストラップ、ピック、クロス、弦)

※画像はサンプルです。

※コストパフォーマンスを追及したモデルにつき、微細なキズ・塗装ムラがございますが、ご了承くださいませ。

■付属品:ギグバッグ、アクセサリー、イシバシ6ヶ月保証

出典:イシバシ楽器WEBSHOPより

激安ウクレレ、ReetsRT-23Dを選んだ理由

商品を購入するときには必ず何か選ぶ基準があると思います。

私が最初の一台目のウクレレとして選んぶ基準は

  • 価格:10,000円前後
    最初の1台目から何十万も払えません。ウクレレYouTuberの方々のレビューを見ていると、このくらいの価格帯が妥当かと
  • 材質:マホガニー単板
    安くてもいい音を求めると合板より単板です。
  • ペグの種類:ギアペグ
    ストレートペグよりギアペグのチューニングし易さ
  • メーカーロゴ:メキシコ貝
    プリンとロゴより貝が埋め込まれていた方が高級そう
  • サイズ:コンサートウクレレ
    フレット感覚がソプラノだと小さすぎて弾きづらい、かといってテナーだとウクレレのポロンポロンした音が損なわれる。
  • 塗装:(杢目)虎杢目
    虎杢目だと高級そうに見える。
  • ブリッジの形:正方形以外
    正方形だと貧弱に見える。

弦楽器は杢目が際立った方が好みなので虎杢目っぽいウクレレを探しており妥協する点はいくつかありましたが一番ニーズに合ったものがReets RT-23Dでした。

激安ウクレレ、Reets RT-23D 開封

いよいよ、開封レビューです。

メーカーロゴなどは全く入っていないシンプルな梱包

いざ、開封

クッション材も入れていないソフトケースだけの雑な梱包
納品書
ウクレレで電装系のチェックしたようです。適当
ウクレレ本体の下には付属品が入っていました。
クリーニングクロス ドドミ(笑)
ゴミ箱いきのピック2つ
そうめんにしか見えない交換用の弦 
100均のおもちゃのような質感のカポ
中華製の外箱がボコボコのチューナー
ソフトケースの裏側、リュックみたいに背負える仕様です。
おお、薄手の袋越しに見るRT-23D ドキドキします。
ジャン!思っていたより綺麗な塗装です。
ヘッドもかっこいい!でもロゴがしょぼいです。
裏側も最高にイカしてます!
側面はこんな感じ
逆側
安価なモデルにありがちな指板に傷はなかったです。
ん?サウンドホールとブリッジの間に違和感
ヘッドを裏から見るとペグが歪んで取り付けされてました。
弦高は高くは感じません。ビビりも許容範囲内です。
チョーキング時のフレットのガリガリ感も特になく、スライドしても手のひらが痛くなる感じはないです。
ネックに彫傷を埋めた痕がありました。
ブリッジの接着面の処理も雑です。
ブリッジ横にも両サイド傷が見受けられました。
ネックとボディのマウント部分もガリ傷が見受けられます。
開けた時の違和感はこれです。トップ落ちしてます。

傷程度であれば目を瞑りますが、ボディが凹んでいるトップ落ちは楽器としてどうかと…

チェックリストに外観チェック問題ないとされてますが、これは誰がどう見ても欠陥商品ですね。

なので、イシバシ楽器さんにクレームと交換依頼をしてみました。

スポンサーリンク

激安ウクレレ、Reets RT-23Dの真実

以下は、私とイシバシ楽器WEBSHOPさんとの実際のやり取りです。

イシバシ楽器と言えば楽器小売業界の中では大手になります。

その楽器小売業界大手の検品精度がこんなに低いとは考えもしなかったです。

大手のイシバシ楽器さんが販売されているのであれば、安価な商品でも安心して購入できると思いましたが、かなり適当でしたね。

クレーム対応も安物だから我慢しろオーラを感じました。

挙句の果てには交換分で手配した商品も交換できる状態じゃない。物がないから返品で…

やり取りが面倒だったので、こちらからは提案しませんでしたが、Reets RT-23Dには色違いもありますし、同じ価格帯で仕様違いのモデルもあります。

その商品の提案などはできなかったのでしょうかね?

不良品売りつけといて、「すんません。交換します。」「すんません。物がないので返品でいいです。送り返して下さい!」

客の立場としては時間掛けて商品選びをしてやっとお気に入りの商品を見つけて実際に商品を受け取ったら欠陥品で、この対応で終わらせるのもどうかと思いますが店頭購入と違うので仕方ないですね。

このあと、イシバシ楽器WEBSHOPのReets RT-23Dの販売ページが売り切れに状態に

私の場合、ギター歴30年近いので良し悪しがわかりますが、本当の初心者の方にこの商品が渡っていたと思うとぞっとします。

安価なモデルだからこそ初心者向けなのだから、しっかりとした商品を販売して欲しいものです。

激安なのに虎杢目なReetsのウクレレRT-23D【まとめ】

今回はReets RT-23Dの開封レビューをしてきましたが如何でしたか?

返品してしまったのでガチで弾き込んではないのですが、Kmiseの安価なコンサートウクレレと比較すると音質は細い感じがしましたが、ハイポジの音の立ち上がりとサスティーンは良かったです。

トップ落ちしたハズレ個体さえ引かなければコスパの良いウクレレと言えます。

弦楽器自体、同じ仕様の商品でも個体差が激しいので、神経質な性格の方はネットで購入するよりかは品揃えが少なくても店頭で試奏をして購入をオススメします。

スポンサーリンク